消費者金融の金利比較ランキング 【消費者金融biz】

消費者金融を比較する際のポイントは?

金利だけが消費者金融の比較ポイントではありません。消費者金融を考えているのであれば既にご存知かと思います。どこの消費者金融と比較しても、金利にさほど違いがないことに気が付いていることでしょう。

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

 

消費者金融の上限金利は18.0%となっており、プロミスの金利が低く17.8%です。比較するほどに違いがあるものではありません。それでは数多くある消費者金融はどんな違いがあるのでしょうか?

 

消費者金融はサービスで選ぶ!
  • 金利はどこも大きな違いはない
  • 無利息期間を有効に使うこと
  • 来店不要でネットから簡単に申込みできる

 

消費者金融を見てみるとサービスには大きな違いがあります。例えば、プロミスでは無利息期間が設けられており、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用することができます。

 

振込キャッシングができることは消費者金融としては当然のことであり、インターネットを活用した方法も非常に多くあります。金利に違いがない以上、どこの消費者金融を使っても変わりがない、それも間違いではありません。

 

借り入れ金額が同じ、金利が同じ、そして毎月の返済額を同じという条件にすればどこで借り入れをしたとしても返済に関わる金額に変化はありません。そうなるとサービスに目を向けたほうがよいでしょう。

 

無利息期間や振込キャッシング、インターネット返済もあります。但し、銀行との連携が取れている消費者金融は多くなりますので、既に持っている銀行口座によって消費者金融の使い勝手が増すこととなります。

 

消費者金融の金利はどのように決まるのか?

消費者金融の金利を比較してみると、気が付いたことがあるのではないでしょうか。
代表的な消費者金融の金利はこのようになっています。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

 

それほどの差がないように感じるでしょう。
そしてもう一つ、金利に幅があることもわかります。

 

消費者金融の金利は、残念ながらどの数字が適用となるのかを事前に知ることができません。

 

銀行金利であれば融資限度額によって金利が決まりますので、わかりやすい金利システムです。ところが消費者金融では、その金利が何を基準として決められているのかが、公開されておりませんので推測をするしかありません。

 

増額によって金利が下がることもあります。また、金利引き下げの申請をすることで下がることもありますし、数か月の返済実績を積むと金利が下がることもあります。

 

消費者金融で初めての借り入れをするときには、上限金利を適用されると考えましょう。

 

返済をどのようにするのかを重点的に考え、金利が下がるかもしれないという期待は念頭から外しておくことが必要になるでしょう。

 

利息を安くしたいなら、プロミスがおすすめです。

最短1時間