日本とタイにおける消費者金融の比較

消費者金融を比較
Spread the love

日本に住んでいる私たちからすると、タイにおける消費者金融業界の様子や規則をうかがい知ることは簡単ではありません。そこで今回はこれについて簡単にご紹介したいと思います。まずは規制についてですが、商業銀行(SCBなど–日本では三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行などでお馴染みですが、銀行からの融資という形は一般的です–)そして、金融会社は通常の規制の範囲内で消費者金融事業を行うことができます。金融省等の要件を満たし、5,000万バーツ以上の資本金を持ち、加えて、負債資本比率が7倍以内である企業であれば当事業を行うための申請が可能です。このように日本とタイにおける消費者金融の様相に大きな違いは見られません。加えて、日本市場でも有名なアイフルがタイに進出(より正確にはタイの金融企業「AIRAキャピタル」との合弁会社設立により事業を展開)を果たしている点も注目に値します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *