グレーゾーン金利

グレーゾーン金利

消費者金融ではかつて契約者から法廷で決められた金利以上の利息を搾取していました。利息制限法と出資法に違いがあることがその理由です。

 

利息制限法を超える金利から出資法で決められた金利まで、この間をグレーゾーン金利としています。本来であれば無効な貸付金利となっていましたが、そこがグレーゾーンと呼ばれたのには理由があります。

 

無効な金利ではあるものの罰則がある金利ではなかったからです。利息制限法の金利を超えたとしても、そこには罰則がありません。出資法を超えたときに初めて刑事罰の対象となります。

 

超えてはいけない金利でありながら罰はない、そのため消費者金融ではあいまいであるこの金利を設定していました。

 

利息制限法の上限金利である20.0%〜出資法の上限金利である29.2%、これがグレーゾーンとなる金利です。

 

借り入れ金額の内およそ3割近い金額が利息として加算されることになるとなればどうでしょうか。あまりに高額な利息になることは容易に想像がつくはずです。

 

このグレーゾーン金利が適用され、法廷によって決められていた以上の利息を支払っていたのであれば、その過払い分の利息は返還請求を行うことができます。

 

過払い金の返還請求はその消費者金融との直接交渉になるため個人で行うことができるものの確実に満額を回収できるとは限りません。弁護士などの専門業者に依頼するとその確率が高くなるでしょう。