お金の借り方と必要なもの

借り方と必要なもの

借り方

実際にキャッシングする際、まず入会費が必要になるところもありますが、多くの消費者金融はこれら入会費を必要としないところが増えています。消費者金融で借りたお金を返済する、借りる際に提携しているCD(キャッシュディスペンサー)やATMも確認しておけば安心できるかもしれません。

 

さらに、キャッシングする際に自分の信用情報を確認する必要があるかもしれません。信用情報とは、消費者金融やクレジットの契約した内容や返済状況に関する自分自身の情報をデータベースにまとめているものです。

 

消費者金融はこの情報を元に貸し出したりしているので、もし不安であれば、個人信用情報センターに行けば確認することができます(全国信用情報センター連合会)。

 

インターネット申し込み

申し込みしたい消費者金融のホームページへいきます。申し込みをするをクリックし、フォーム画面から必要事項を入力します。

 

入力が全て終わり、消費者金融会社の方で審査が行われ、終わり次第結果が戻ってきます。会社によっては融資可能の際、確認の電話が入る場合もあるので、連絡先は携帯電話にしておくのがいいかと思われます。

 

融資可能となればすぐに振り込んでくれますので、後日送られてくる書類に必要事項を記入して返送します。また、カードも今後の入金などを考えると作っておいた方がいいと思われます。

 

電話申し込み

まず申し込みたい消費者金融へ電話を掛けます。担当者が出ると、申し込みに必要な事項を聞かれます。ここでの確認事項が審査に直接関わってきますので虚偽申告が一切無いよう正確に伝えてください。

 

申し込みが終わり審査結果が電話で掛かってきますので、融資可能であれば来店・振込み・無人契約機への誘導のどれかで契約できます。振込みの場合は後日、金融会社より書類が送ってきますので、必要事項を記入した上で添付書類を入れて返送します。

 

無人契約機

無人機が置いてあるまわりに申し込み用紙があります。それに内容を記入してから中に入り、画面の指示に従い申し込みを進め、解らない事などがあればその都度画面越しに確認ができます。

 

無人機は担当支店やカスタマセンターなどに繋がっていますので、担当者が画面越しに対応してくれます。申込書を無人機の申し込みボックスから挿入し、身分証明書も読み込みボックスの中に入れます。全て終了すると審査が始まり、融資可能であれば契約になります。

 

契約書等に記入を行い、ここでカードが発行されます。そのカードを使って横にあるATMから現金を引き出し、契約終了となります。カードだけの発行も可能です。

 

店頭契約

消費者金融会社の窓口で直接、申し込む方法で、必要書類(身分証明書など下記参照)を持っていかないと契約できません。担当者が対応してくれますので、申し込みを行い、審査が始まりますので終了までは店の中で待機してます。融資可能となれば、カード発行と現金の受け渡しがあり、書類などはその場で全て作成する為、後日送られてくる物は何もありません。

 

DM(ダイレクトメール)

消費者金融側がDMを確認してから審査になりますので、若干の日にちが掛かります。DMを確認してから審査終了までは20〜30分程で終わります。審査終了後、希望連絡先に審査の結果の連絡が入り、融資可能であれば融資方法の確認をします。振込みでも窓口での契約も両方可能です。

 

振込みの場合であれば後日身分証明書を郵送しないといけませんが、DM自体が契約書になっているケースが大半を占めてますので、消費者金融側からの郵送書類はありません。(送ってくる所もあります。)振込みは即日で行われます。

 

必要なもの

消費者金融で契約するために必要なものは、基本的には身分証明書と印鑑(シャチハタ以外)があれば十分です。身分証明書は2点以上必要なケースがありますが、1点は免許書・保険証等の名前・生年月日付きの書類が必要になります。これは融資の方法によっても変わりますが、事前・事後で必要な場合があり、いつでも掲示できるようにあらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

 

また、融資を受ける商品の種類によっては追加で必要な書類が必要になります。高額やまとめの融資だと源泉徴収や給与明細、不動産担保だと登記簿謄本や権利書等ありますので、一般のカードローン以外の利用を考えている方は、担当のスタッフに尋ねてみると教えてくれます。
身分証明書となるもの

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票
  • 資格免許・船舶免許等の特殊免許 ・社員証
  • 銀行通帳
  • 母子手帳
  • 年金手帳

 

もしも上記が揃わない場合は、代用してもらえるものを確認してください。