利息制限法

利息制限法

改正貸金業法が施行されたことによって利息制限法と出資法の関係が変わりました。完全施行されたのは2010年6月です。これ以前つまり改正前には利息制限法と出資法のかんけいはあまりにあいまいなものとなっていました。

 

ただし、改正前も改正後も利息制限法で決められた上限金利は変わりありません。

 

  • 借り入れ金額10万円未満では上限金利が20.0%
  • 借り入れ金額10万円以上100万円未満では上限金利が18.0%
  • 借り入れ金額100万円以上では上限金利が20.0%

 

このようになっています。
変わったのは利息制限法ではなく出資法の上限金利と、これまでグレーゾーンと言われていた金利への対処です。

 

これまで出資法の上限金利は29.2%となっており、それを超えたときに刑事罰の対象となっていました。改正後である現在では出資法の上限金利は20.0%となっており、それを超えたときに刑事罰の対象となることは変わりありません。

 

これまでグレーゾーン金利の範囲であれば無効となる程度の対処ではありましたが、改正後である現在はグレーゾーンの金利が狭くなったことに加えて、それでも利息制限法以上となったときの超過分はもちろん無効、そして行政処分の対象となっています。

 

私たちがお金を借りるときに知っておかなくてはならない知識があります。消費者金融からキャッシングをするためには金利の仕組み、総量規制など、事前に知っておかなくてはならないはずです。

 

(関連サイト)
改正貸金業法・多重債務者対策について:金融庁
貸金業法について:日本貸金業協会